2

基本編 活用編
エクスポート&インポート編

(バージョン1.3以降)

▼ 概 要
▼ 画像形式のインポート&エクスポート
 ・画像のエクスポートのやり方
 ・画像のインポートのやり方
 ・メールやネット上の画像をインポートする
▼ JSON形式のインポート&エクスポート
▼ RaceSplitter形式のインポート

▼ 概 要

エクスポートとは?

レースファイルをEBATimeの外へ保存する機能です。

エクスポートしたファイルは、他のアプリからもアクセスできるので…

メールやSNSでレースファイルをシェア
パソコンやSDカードへのバックアップ

といった事が可能になります。

またEBATimeはレースファイルが20個しかありませんが
エクスポートを使えば無限にファイルを作成できます。

インポートとは?

上でエクスポートしたレースファイルを読み込むことです。

例えばある人がファイルをエクスポートし、SNSへ投稿したなら…
あなたはそのファイルをダウンロードし、自分のEBATimeに読込ませて(インポートして)利用できます。

つまり、スタートリストやリザルトを作ればみんなに配布できます。

3種類の方法

EBATimeのイン/エクスポートは3種類の形式があります。簡単に紹介します。

( 1 ) 画像形式

レースファイルを画像(png, jpg)へ変換してエクスポートします。
例えば下の画像がそうです。QRコードではありません。

ノイズみたいで意味不明ですが、この中にレー ス情報が入っています。

何故わざわざ画像に変換という回りくどい方法を取っているのか?

それは、画像にすればメールやSNSで送信しやすいからです。
というかSNSは画像にしないと送信できない事が多いです…

( 2 ) JSON形式
Androidのみ


JSON(ジェイソン)と呼ばれる(気味の悪い?)形式でエクスポートします。
実はこれがありのままのEBATimeレースファイルです。いわゆる生データです。

ただ上で述べたように、画像ではないのでSNSに投稿できません。
しかしデータ破損が起きにくい特徴があります。

あまり使うことは無いかと思いますが、前バージョンとの互換性の為に残してあります。
なおSNSは無理ですが、メールでは送れます。

( 3 ) RaceSplitter形式
 
インポートのみ

RaceSplitterというサイト(かアプリ)の"rsrace形式"スタートリストをEBATimeへ読込めます。
 
RaceSplitterは、オンライン上でスタートリストを作成&公開できる優れたサービスで、欧米では高い人気があります。

RaceSplitterのサーバーから送られて来るメールを使ってインポートします。
利用にはRaceSplitterへの登録が必須です(無料)。


▼画像形式のエクスポート&インポート

画像のエクスポートのやり方

ファイル選択・スタートリスト作成・タイム計測画面の上部にあるイン/エクスポートボタンを押し、「画像をエクスポートする」を選びます。


すると、プレビュー画面が現れるのでエクスポートボタンを押せば、画像を保存します。

画像は端末本体のフォトギャラリーに保存されます(機種により名称は異なります)。

後は普通の写真と同じく一覧に出てくるので、メールで送ったりSNSへ投稿したり出来ます。
下の画像は、LINEで送っている所です。

* 失敗する場合はアプリの権限設定を確認して下さい

iPhone/iPad の場合

設定を開き、下の方にスクロールさせてEBATime2の文字を探します
アプリ名をタップして、下記画像のように「写真」のアクセス許可が「読み出しと書き込み」になっているか確認して下さい



違う場合は、さらにタップして設定を変更して下さい

Android の場合
※機種により操作が異なります

設定からアプリの一覧を 表示し、EBATime2を探します



アプリ名をタップし詳細を表示します
下記画像のように「ストレージ」「許可」があるかを確認して下さい


許可が無い場合は、文字をタップして許可を有効にします



画像のインポートのやり方

ファイル選択・スタートリスト作成・タイム計測画面の上部にあるイン/エクスポートボタンを押し、「画像をインポートする」を選びます。

すると端末内の画像を選ぶ画面になるのでEBATime形式の画像を選択して下さい。
それ以外の画像を選ぶとエラーになります(そりゃそうだ)。

EBATimeが画像を読込みファイルの情報を表示します。


問題なければインポートボタンを押し、確認の後にレースデータが取り込まれます。
注 意:インポートすると、選択しているファイルの中身は上書きされます。

↓インポートが完了しました

失敗する場合は、エクスポートと同じようにアプリの権限設定を確認して下さい。



メールやネット上の画像をインポートする

メール・サイト・SNS等にあるレースファイル画像を、EBATimeにインポートする方法を解説します。

これを使うと「ネット上に投稿したレースファイル」を取得できるので、1人が作ったファイルを多人数に配布することも可能です。

大きく分けて2通りの方法があります。

方法(1) 画像をダウンロードしてインポート
方法(2) 画像をダウンロードせず、直接EBATimeを起動

確実なのは( 1 )です。
( 2 )の方は楽ですが、サービスやアプリによっては出来ない場合があります。


方法(1) 画像をダウンロードしてインポート

ブラウザやLINEなどアプリのダウンロード機能を使って、EBATime形式の画像を保存します。
世に出回っているネットを利用したアプリには、ほぼ必ず付いている機能です。

一度保存すると画像一覧に追加されるので、後はEBATimeを起動して上に書いた画像のインポー トのやり方で取り込めます。

< 参考 >
以下は、色んなアプリのダウンロード機能を呼び出す所です

ドコモのブラウザ
画像の上で長押し

Apple Safari
画像の上で長押し


LINE
画像拡大して右下のボタン

Twitter
画像拡大して右上のボタン



方法(2) 画像をダウンロードせず、直接EBATimeを起動

アプリによってはダウンロードしなくても、シェア機能を使って直接EBATimeを起動できます。
やり方はアプリによりけりですが、下のようなマークのボタンが多いです。

ここではLINEの場合を見てみます。
LINE(Android版)では、画像を拡大すると左下に例のマークがあります。

マークをクリックしてメニューを出しその他アプリで共有を選ぶと、アプリ一覧が出るのでEBATimeを指定して下さい。

するとEBATimeが起動し、自動でインポート処理が 始まります。

インポート先を聞かれるので、適当なファイルを選んで下さい。
この後は、通常のインポートと同じ流れになります。



LINE(iPhone・iPad版)では少し見た目が違いますが、やる事は一緒です。

画像を拡大した後、マークをクリックして他のアプリでシェアを選ぶと、やはりアプリ一覧が出て来ます。

Androidと同様にEBATimeを指定すれば、自動で起動してインポートが始まります。

< 参考 >
以下は、色んなアプリのシェア機能の場所です

Facebook
右上の三点マークをタップ→外部でシェア


ドコモメール
添付ファイル右端のシェアマーク


Gmail
添付画像を拡大→共有
 

さて、このダウンロードせず直接起動する方法は大変ラクですが、問題点もあります。
それは「アプリによっては使えない!」ことです。

以下は主なアプリでの検証結果(Android版)ですが、ご覧のようにバラバラです。
もしこれ以外で可能なアプリやサービスをご存知でしたら、ぜひ教えて下さると助かります。
Instagram NG 公式アプリ では(1)のダウンロードすら不可…
Facebook OK 「外部でシェア」を使用 ※上記画像
Twitter NG (1)のダウンロードは出来る
LINE OK 「その他アプリで共有」を使用 ※上記画像
WhatsApp Messenger OK 「共有」を使用
Gmail OK 添付画像を拡大して「共有」 ※上記画像
ドコモメール OK 添付ファイル右端のシェアマーク ※上記画像



▼JSON形式のエクスポート&インポート
(Androidのみ)

JSON形式について

JSON(ジェイソン)形式は、未加工(画像に変換する前)のEBATimeレースファイルです。

SNSへ投稿できない弱点はあるものの、データ破損が起きにくい特徴があります。

また純粋なテキストファイルなので、技術があれば解析する事も可能です。

あまり使わないかと思いますが、前バージョンとの互換性の為に残してあります。

JSON形式のインポート&エクスポートはファイル選択画面からのみ行えます。
対象のファイルを選択して、上部のエクス/インポートボタンからメニューを開いて下さい。

JSONのエクスポートを実行すると、端末本体またはSDカードにjp.rdy.ebatimeというフォルダが作られ、その中にJSONファイルをコピーします。

正確な保存場所は、ファイル選択画面の下部に書かれています。

インポートする時は、このフォルダにあるJSONファイルが列挙されるので選択します。

ファイラーと呼ばれるアプリを使うと、上記フォルダにアクセスしてコピーや削除が自由にできます。
下の画像はファイラーの一つ「Yahoo!ファイル」で開いた所です。


▼RaceSplitter形式のインポート

RaceSplitterについて

RaceSplitterとは、サイト上にて無料でスタートリストを作成できる優れたサービスです。
EBATimeと違って色々なスポーツに対応しており、欧米では人気があります。

作ったリストを公式アプリ(こちらは有料)へ送れば、タイム計測も出来ます。

そして、RaceSplitterは"rsrace"という形式のファイルを作成しますが、EBATimeでもインポートが可能になりました。

ここではRaceSplitterでスタートリストを作り、EBATimeでインポートする方法を紹介します。

スタートリストを作る

RaceSplitterのメンバー登録を行い(無料)、サイトの説明に従ってスタートリストを作成します。

サイト上で入力する以外に、エクセルのテンプレートやアプリを使う方法もあります。

詳しい方法は公式サイトの解説をご覧下さい(英語ですが…なんとなく分かります)。

スタートリストをアプリへ送る

スタートリストが出来たらSend to Appボタンを押します。
すると、登録したアドレスへスタートリストを添付したメールが送られて来ます。

メールを開き、添付ファイルをクリックするとアプリ一覧が出ます。
注意:iPhone/iPadの場合は、EBATimeを終了させておいて下さい

EBATimeを選ぶと、アプリが起動しインポートが始まります。

インポート時の注意点

・チーム名・Email
はインポートされません
・Groupは「クラス」に変換されますが、文字ではなく数字になります。
(例)Men → 0
・Groupが空白の選手がいた場合、「0」が空白選手のクラスになります。
・First NameLast Nameを合わせたものが「名前」に変換されます
(例)Chuck , Norris → "Chuck Norris"

TOPへ戻る