2

 基本編 活用編
エクスポート&インポート編

ここではEBATimeをもっと快適に使う機能を解説します

▼ 複数クラスの管理
▼ スタート時刻のスライド
▼ 通過時刻の手動入力
▼ もっと便利な機能たち

▼複数クラスの管理

大会では別々のクラス(部門)の選手が一緒に滑る事が多いです。

そういった時でも、EBATimeは各クラスごとに順位の計算が可能です。

( 1 ) スタートリストの作成

例えば、下のようなスタートリストがあったとします。

Male : 男子 Female : 女子

見ての通り2クラス(男子&女子)の競技が同時に行われます。
このスタートリストをEBATimeで作成してみましょう。

基本編と同じようにスタートリスト作成画面から一括入力画面を開きます。
まず男子(Male)のスタートリストから作りましょう。

男子はビブNo1〜4なので、下の画像のようになります。
この時クラスを「0」に設定して下さい。
(男子 : 0  女子 : 1 にします)


OKを押すと、男子のスタートリストが作られます。

次は女子のリストを作りましょう。
・・・と言いたい所ですが、その前に一つやる事があります。

リストの末尾である4番を選択して1人追加ボタンを押して下さい。
すると5行目に空の行が追加されます。


この空の行が選択されてる事を確認し、一括入力画面を 開きます。

今度は下の画像のように入力します。男子との違いは三点です。
・ビブNoが5〜8
・開始時刻が09:02:00
・クラスが「1」


男子ではクラスを0にしましたが、女子は1にするの を忘れないで下さ い。
部門によってクラスを変えるのがポイントです(重要)。
これによりEBATimeは、順位の計算を男女別々に行います。

後はお好みで名前を入力して、スタートリストは完成です。

( 2 ) タイムの計測

さっき作ったスタートリストでタイム計測をした結果
以下のようになりました。

男女別々に順位付けしているので、1位が2人います。

また個人詳細では、参加クラス内のタイム差が表示されます。
下は女子クラスの選手の画面です。


このようにクラスを設定すると、複数の部門を一気に管理できます。
なおEBATime2は最大20クラスまで登録できるので、区分けが細かい大会でも難なく対応できます。


▼ スタート時刻のスライド

天候などの影響で競技開始時刻が変更になった時の為に、一括でスタート時刻をずらす機能です。

該当のスタートリストを読み込み、スタートリスト作成画面
スタートずらすボタンを押すと、ウィンドウが開きます。


(1)で「遅らせる」か「早める」かを選びます
(2)で遅らせる(早める)時間を設定します
(3)で対象となるクラスを指定します

この画像では、全選手のスタート時刻を30分遅らせています。

OKを押すと、スタート時刻の変更を実行します。


▼ 通過時刻の手動入力


あまり使わないと思いますが、通過時刻を直接指定する事も可能です。

タイム計測画面
時刻指定ボタンを押します。
時刻を指定して通過ウィンドウが開くので、好きな通過時刻を入力します。

次の画像ではビブ2番の1周目の通過時刻を、10:30:00に設定してます。


OK
ボタンを押せば計測が完了します。

実に地味な機能ですが、一つ使い道として電子リザルトの作成があります。

全員のスタート時刻を0:00:00に設定し、紙のリザルトを見ながら所用タイム通過時刻として入力して行くと…
電子リザルトっぽいものが出来ます。

個々のタイム差が一目で分かるので、レースの分析に使えます。
入力するのは大変ですが…


▼ もっと便利な機能たち

他にもEBATimeには色々な機能があります
の付いた機能を使うには、環境設定で該当項目をONにして下さい。

ファイル名の変更
(バージョン1.3以降)

起動時のファイル名は「ファイルXX」の表記ですが、好きな名前に変更できます

ファイル選択画面で名前を変更ボタンを押すと、ウィンドウが開くので、新しい名前を入力して下さい。





ライバル表示

気になる選手(ライバル)のビブ番号をあらかじめ登録しておくと、個人詳細タイム画面で、目印のマーク(下の画像のR1・R2)が付きます。

ライバルは選手一人につき二人まで設定可能です。






パラリンピック方式の計測

タイムにパーセンテージを設定して計測します。
スタートリストを作成する際、個人詳細情報で%欄を修正すればOKです。
(最初は100になっています)

下の例では96%に設定しています。




複数ビブの同時入力
(バージョン1.2.0以降)

一度に複数の選手を計測する機能 です。

ビブ入力ボックス数字以外の文字を入れると、ビブ番号を区切る事ができます。

下の画像ではビブ1、2、3を同時に計測しています。

区切りに#を使ってますが、数字以外なら何でもOKです。
例えば*でも+でも-で も同様に区切りとなります。




ターゲットタイムを表示する *要環境設定

クロカンのテレビ中継でよく見る「現在の目標タイム」を表示します。

下の画面をご覧下さい。



ビブ4番は、スタートから14分22秒8経過し、現在2位(3人中)のビブ2番が目標タイムになっています。

そして、あと14.3秒以内に来れば、2位で通過する事が分かります。
(37.1 - 22.8 = 14.3 なので)

目標タイムはリアルタイムで変わって行きます。

この例では、4番があと14.3秒以内に来なければ、目標タイムは3位の1番に切替わります。

目標タイムが不要な時は、タップすると隠せます。


前後差の表示 *要環境設定

近い順位とのタイム差を、リストに重ねて表示します。

下の画像のビブ2番を例にすると…
1周目は5位、2つ前と22秒差、1つ前と12秒差、1つ後と11秒差だと分かります。

不要な時は、オレンジ色の四角ボタンで隠せます。




時計を表示 *要環境設定

画面右上に時計を表示します。タイムレースの際に便利です。

初期設定はONになっています。
不要でしたら、環境設定でOFFにして下さい。

なお時計の文字サイズは基本文字サイズの約1.5倍です。


詳細をダブルクリックで開く *要環境設定
(バージョン1.2.0以降)

初期設定では、行をクリックすると詳細画面を開きますが、これをダブルクリックに変更します。

これにより、スクロール等で間違って画面を開いてしまう事を防ぎます。
機種によりますが、誤クリックが頻発する時はONにしてみて下さい。

ONにした場合、シングルクリックは行の選択になります。


通過時の自動ファイル保存 *要環境設定
(バージョン1.2.0以降)

計測時に通過を記録すると、自動で保存を行います。
レースに熱くなって保存を忘れそうな時にどうぞ。
(機種によっては、保存に時間がかかります)

なお通過取消は、自動保存しません。


TOPへ戻る